サイト内 検索

カートの中身 

カートに商品は入っていません
  • ホーム
  • >経口避妊薬「ピル」について

経口避妊薬「ピル」について

◆概要

 ピルは、錠剤に含まれる2種類の女性ホルモン「エストロゲン(卵胞ホルモン)」と「プロゲステロン(黄体ホルモン)」が、体内のホルモンバランスを妊娠したときと同じようにすることで避妊させる避妊薬です。

 日本で認可も遅く、今でも多くは使用されていないピルですが、海外では入手も用意で、極一般的に服用されているお薬です。
 タイでは、スーパーの隅の小さな薬局でも、必ずピルは売られていて、イギリスでは30%以上、フランスでは約40%の女性がピルを服用しているそうです。
 ピルは正しく服用することで、ほぼ100%の避妊が可能といわれ、避妊以外にも女性にとって助けになる効果が多く、主に以下の用途で処方されています。

  ・生理周期のコントロール、
  ・生理痛の改善
  ・経血量の減少
  ・ニキビ、多毛症の改善
  ・PMS(月経前症候群)の改善
    ・卵巣癌、子宮体癌リスクの低下


◆ピルの仕組みと種類

 ピルは、錠剤に含まれる「エストロゲン(卵胞ホルモン)」の量によって、高用量、中用量、低用量、超低用量に分類されていますが、現在一般的に使用されるのは、副作用の少ない、低用量ピルか超低用量ピルで、「プロゲステロン(黄体ホルモン)」の種類と開発された順番によって、4世代に分類されています。

 更に1シート全て同じホルモン量の「一相性」、2種類のホルモン量で構成された「二相性」、3種類のホルモン量で構成された「三相性」があり、後になるほど、より自然なホルモン変化となるため、副作用が出にくくなっていますが、その反面、飲み忘れると避妊効果が弱くなるリスクがあります。


◆副作用

・飲み始めによくある副作用
 服用を始めた時に、不正出血、吐き気、むくみなどの症状が現れることが多くありますが、2シート目を服用するころは大概は治まるようです。
 また、それらの作用は、上に記載した世代が違うピルに変えることで改善することも有るようです。

・重大な副作用「血栓症」
 血栓症は、血管内で血液の塊が生じることで血流が止まってしまう病気です。
 特に、更年期世代の女性、若い女性でも1日15本以上喫煙をする人、肥満の人はリスクが高くなります。
 ピルによる発症率は稀ですが、2008 - 2013年上半期に日本で使用されたピルに関して、死亡が11件あります。

 血栓症の初期症状は、「ふくらはぎの痛み、むくみ、手足のしびれ、突然の息切れ、胸部の痛み、頭痛、めまい、失神、目のかすみ、舌のもつれ」などとなっています。


◆ご購入前に医師の診断を受けて下さい。

 血栓症のリスクを避けるためにも、ご自身の判断で、ピルの使用を始めることがないよう、初めて服用される方は、必ず医師の診断を受けて下さい。
 また、過去に使用されていたり、現在服用中の方でも、半年から1年に1度は、定期検診を受けられることを勧めします。

 なお、下記に当てはまる方は、ピルの服用ができません。
 ・高血圧の方
 ・重い持病がある方
 ・静脈血栓症を発症したことがある方
 ・ひどい偏頭痛がある方
 ・35歳以上で1日に15本以上喫煙する方
 ・乳がん、子宮体がんの方
 ・妊娠中、授乳中、または産後6週間以内の方


◆個人輸入で購入できるタイのピル

 現在一般的に広く使用されているピルは、第3世代と第4世代の低用量ピル、または超低用量ピルで、タイで人気の製品は以下の通りです。

 ・マーベロン:第3世代|一相性
 ・ダイアン:第3世代|一相性
 ・マーシロン:第3世代|一相性
 ・ヤスミン:第4世代|一相性
 ・オイレズ:第4世代|二相性

いらっしゃいませ 


※土日はお休みです。
※長期休暇の際は「お知らせ」に記載させていただきます。