タイガーバーム 赤 30g/Tiger Balm Red

クリックで画像を表示
日本未発売「タイガーバーム」赤ラベル 
効き目は強烈で、塗ったところが”カッカカッカ”熱くなる。
一度使うと癖になるリピーターが多い人気商品。
スポーツ選手やアスリート、肩こりがひどい方に、是非一度使ってほしい商品です。

 1870年に発明されてからすでに140年以上の歴史を誇る『タイガーバーム(Tiger Balm)』。

ミャンマー生まれの華僑である胡文虎、文虎兄弟は、大量生産が不向きな「蜜蝋」をベースに作られていた当時の軟膏を「ワセリン」をベースとしたもの作り変えることに成功し『虎標萬金油(Tiger Balm)』を誕生させた。
 ミャンマーから東南アジア、そして世界へと広がっていったタイガーバームは、現在約100カ国で販売されているという驚くべきシェアを誇る。
 赤ラベルを求めて、わざわざタイへ来る人もいるとか?


◆使い方
適量位を手に取り、患部にすり込むようにマッサージすると効果的。
動画もあります。


◆効果効能
筋肉痛、肩こり、関節痛、肉離れ、虫刺されにも効きます。


◆成分
ちなみに日本「龍角散」より発売されている「タイガーバーム」と成分を比較すると「カユプテオイル」「ミントオイル」「カッシアオイル」が加わっているようです。
「メントール」と「ミントオイル」は、ほぼ同じとして「カユプテオイル」と「カッシアオイル」。違いはこの2つが加わっていることのようですね。

 タイガーバーム赤の成分
  カンファー 25.0%
  メントール 8.0%
  カユプテオイル 7.0%
  ミントオイル 6.0%
  クローブオイル 5.0%
  カッシアオイル 5.0%

 日本(龍角散)のタイガーバームの成分
  カンファー 24.9%
  メントール 15.9%
  ユーカリオイル 12.9%
  l-メントール 8.0%
  クローブオイル 1.5%

「カユプテオイル」

カユプテオイルはユーカリオイルと似た香りで、東南アジアやモロッコ、オーストラリアなどに自生している樹木「カユプテ」から抽出される精油で、マレーシア、インド、中国などでは古くから胃の病気や皮膚病、リウマチ、コレラなどの治療に万能薬として用いられていたようです。

「カッシアオイル」
カッシアはシナモン(ニッキ)によく似た植物で、”カシア”、”チャイニーズシナモン”とも呼ばれ、カッシアをシナモンと称している場合もあるようす。日本でもどちらも「ニッキ」といわてています(タイガーバーム赤はニッキの香りはしません)。呼吸を楽にし風邪などにもよいそうです。


この商品を買った人はこんな商品も買っています

この商品をチェックした人はこんな商品もチェックしています